Command


便利な外部コマンドの使い方

まず「外部コマンドってなに?」とか「基本的なコマンド例を教えれ」ってのはコチラを参考にしてください。
もちろん便利と感じるかどうかは個人によって違うとは思いますが、とりあえず自分はこんな風に使ってるよ、みたいなのをいくつか紹介したいと思います。


操作を外部コマンドに登録する

マウスジェスチャーはとても便利ですが登録数が多くなってくると操作も複雑になり、またどれを割り当てたか忘れてしまいませんか?
そんなときはあまり使用頻度が高くない動作は外部コマンドに登録してしまいましょう。
またマウスジェスチャーと違い、複数の動作を1クリックで管理することもできます。


(1) 2-293さんが作成された「キーストロークをアクティブなウィンドウに送る」スクリプトをダウンロードしましょう。
(2) ダウンロードしたものを解凍して、SendKeys.vbsをjane2ch.exeのあるフォルダに入れます。
(3) Janeのメニューの「設定」→「keyconf.ini更新」をクリック。

(4) 外部コマンドに登録したい操作の名前を思えておきましょう。(例として再読込βを割り当てたいと思います。)
(5) keyconf.iniをメモ帳などのテキストエディタで開きましょう。
(6) 先ほど覚えておいた操作の名前を検索しましょう。

(7) 検索した名前の=より左側にある英語の部分をまた検索をかけましょう。

(8) *****=となっていて(例の場合MenuthreReload=)、=の右側に何も書いて無い行を探し当てたら、そこにショートカットキーを割り当てます。
   (例はCtrl+Zを割り当てていますが、Zなどの1キーでも大丈夫です。)

(9) Janeの「設定」→「設定」をクリックして、「機能」→「コマンド」を開いてください。
(10) コマンド名は任意の名前で、実行するコマンドは「wscript "SendKeys.vbs" "設定したショートカットキー(※)"」としてください。
    (例の場合はコマンド名を再読込、実行するコマンドはwscript "SendKeys.vbs" "^z"となります。)



※ 実行コマンドの「設定したショートカットキー」の部分にShift、Ctrl、Altを含む場合、以下の表や例を参考に変えてください。

キー コード
Shift +
Ctrl ^
ALT %


割り当てたショートカットキー ※部分の記述方法
Shift+S +s
Ctrl+T+R ^tr
Alt+S+G %sg
Z z

(11) これで完了です( ´∀`)


タブブラウザを小窓風に利用して、検索やブラクラチェックをしてみよう

これはJaneやタブブラウザを全画面表示している(正確に言うなら画面一杯に表示している)人にお勧めかも。
でもView派生の人はビューアを使えば…
まぁそこらへんは各自の好みってことで。

(1) 何でもいいので新たにタブブラウザをダウンロードしましょう。(軽めの方がいいかな…)
   どのタブブラウザを使えばいいか分からない人はココを参考にしましょう。
(2) これをやっておきましょう。
(3) 新たにダウンロードしたタブブラウザのツールバーやお気に入りは徹底的に非表示。(タブバーは残しておいた方がいいかも)
(4) ブラウザのサイズを小さくしておく。
(5) スレタイ検索やブラクラチェックなどのコマンドをこのブラウザに送るようにする。
(6) 小窓風でちょっと検索するときに楽かな…スレタイ検索結果などは(2)を利用してJaneに送りましょう。


サイトTOPに戻る